【この恋あたためますか】を手短にご紹介|インスタ・ききかじり?ココエブリィのスイートな恋!

おすすめ(80~89点)

おすすめ度:83点

 この恋あたためますかは2020年秋、TBS系、毎週火曜夜10時に放送。主演は中村倫也さんと森七菜さんです。中村倫也ワールドがさく裂!

スイーツは人を幸せにする!相性が悪いほど魅かれ合う?男女4人の恋愛事情。

スポンサーリンク

感想

第1話

ALLDAYの『初雪レアチーズタルト』美味しそうでした!でもココエブリィの競合他社です!!

コンビニって毎週スイーツの新製品がでるの!?たいへんですね。

出たー!浅羽(中村倫也)の「君が必要だ」。この言葉に樹木(森七菜)も惑わされる~。

社運をシュークリームにかけるぞー!!

一度は浅羽に却下されたけど、もう一度再起動!っていい新谷(仲野太賀)の良い言葉も出たー。

もう一度作ったシュークリームは浅羽が絶賛!このドラマでも中村倫也ワールドが炸裂してます。

樹木がちょっと、浅羽に気持ちが揺れているようです。そりゃそうだ。

全話見終えて

そういえば、浅羽(中村倫也)は社長だったよな。いつだったか神子(山本耕史)に追い出されて、コンビニのアルバイトになってた。この辺りから面白くなってきました。

何がって?

神子です。やたらと真面目な役員ですが、どこか天然系。浅羽の実績を気にして、浅羽にライバル心をメラメラ燃やしている!

浅羽と樹木(森七菜)が恋を温めている中、神子は一岡(市川実日子)と恋を温めていた。温まっていたのか?

そして驚きの最終回。

樹木は浅羽に過去の嫌な思い出を拭い去るために渾身のケーキを作っていた。これはとてもいい話です。

しかし、神子が一岡に渡したクリスマスプレゼントはクリスマスギフトカタログ!

神子が一岡に「自信満々に好きなの選んでくれ!」。

これには一岡も神子の娘もダメ出し。大爆笑!最高でした!全て神子が持っていきましたね。

結構いい話だったんですよ、浅羽、新谷(仲野太賀)、樹木、里保(石橋静河)の4人の関係なんて、恋愛ドラマの鉄板系でした。

相関図

登場人物

浅羽拓実 – 中村倫也

浅羽拓実(あさば・たくみ)は「ココエブリィ」社長。東京大学を卒業後、Eコマースを扱う外資系ネット通販会社を経て業界シェア最下位のコンビニチェーン「ココエブリィ」の改革を託される。偶然出会ったアルバイトの樹木(森七菜)の知見やアイデアを実は評価していて、彼女の作るオリジナルスイーツで競合他社を凌ぎ、チェーンの改革とともに自らの成功をたくらむ。
中村倫也さんの関連記事

井上樹木 – 森七菜

井上樹木(いのうえ・きき)はコンビニエンスストア「ココエブリィ」上目黒店・アルバイト店員。ある日偶然、働いているコンビニチェーンの社長・浅羽拓実(中村倫也)と出会う。それがきっかけでコンビニオリジナルの「一番売れる」スイーツ開発を手掛けることになり、自分の運命が変わることに。

新谷誠 – 仲野太賀

新谷誠(しんたに・まこと)は「ココエブリィ」のスイーツ製作専門の会社「ドルチェキッチン」所属。商品化するためのレシピを作るコンビニスイーツのパティシエ。実家は地元で有名な洋菓子屋だが跡を継がずいまの職業に就く。社長の浅羽は同じ地元の先輩。樹木とスイーツ開発を行う中で、振り回されながらも敬意を抱く。

内容

第1話

「人を幸せにしたい」。
そんな思いを抱いて活動していたアイドルグループをクビになり、その夢が破れコンビニでアルバイトをしている井上樹木(森七菜)。唯一の楽しみといえば、お手頃価格のコンビニスイーツを食べ、その感想をSNSにアップすることだけ。

ある日、樹木は偶然知り合った浅羽拓実(中村倫也)と口論になる。彼はEコマースを運営する会社から樹木がアルバイトをしているコンビニに出向し、代表取締役社長になったばかりだった。業界最下位のコンビニ「ココエブリィ」の経営立て直しを命じられた浅羽は、定番商品であるスイーツのリニューアル案を打ち出した。

だが、別会社から出向してきた浅羽が打ち出した改革案は、スイーツ課から猛反発されてしまう。社内公募でも目ぼしいアイデアが集まらず途方に暮れる浅羽。そんなとき、業界で密かに注目されているスイーツ批評のSNSアカウント「キキかじり」の噂を耳にする。その正体が樹木であることを突き止めた浅羽は、ある行動に出る―。
出典:この恋あたためますか 公式HP

ネタバレ

新作シュークリームはゆるふわシュークリームで勝負!

会議で浅羽が一岡(市川実日子)をいきなり、課長解任する傍ら、Dolceキッチンで樹木と新谷が食べ比べ。

樹木と新谷の力作を浅羽に持っていくが、浅羽は食べる前に見たに目に文句を言って食べない。

Dolceキッチンに戻ってきた樹木は不満タラタラ。

作る気をなくした樹木に新谷は浅羽が言っていることが正しいと説明すると、樹木は謝って作業を始める。

樹木はコンビニに並んで期限切れで捨てられるスイーツと自分のアイドル時代を重ねる。

浅羽から「必要だ」と言われて嬉しかったことを思い出す。

もう一度作ったシュークリームは、クリームをチョコクリームに変えて黒い生地に白い粉をかけていい感じ。

でも、せっかく浅羽に持っていったのに浅羽は出かけていない。

夜になって、彼氏に会いに行った樹木は彼氏の家に別の女がいて、「もういらないんだよ、お前」と言われて言葉が出ない。

浅羽が会社に返ってくると、新谷からシュークリームを渡されて食べる。

樹木がコンビニで凹んでいると浅羽がやってきて、今回のシュークリームの見た目や味、クリームの柔らかさを褒めるて、「うまい」と言葉をかける。

樹木は涙を流しながら浅羽を見る。

翌朝、突然、浅羽は会社に退職届を出す。

第10話(最終回)

新谷(仲野太賀)の想いに応えて返事をしようと思った矢先、突然現れた浅羽(中村倫也)から思いを告げられた樹木(森七菜)。

樹木、浅羽、新谷、里保(石橋静河)それぞれの気持ちが交錯し、運命のクリスマスがやってくる……。

出典:この恋あたためますか 公式HP

ネタバレ

樹木は浅羽を選ぶ。相性が悪いのになぜか心惹かれ合う2人にクリスマスが近づきます。

クリスマスと言えば24日だ!という樹木と、24日はイヴでメインは25日だと言い張る浅羽。

付き合い始めても意見は会わず、浅羽はイヴの日は出張で上海に行く予定となっていた。

イヴの日、樹木は新谷や里保が楽しく過ごそうとしているのを横目で見ながら、コンビニに行くと、店長たちも忙しそうで楽しそうだ。

そんな中、樹木は浅羽のために作ったケーキを持ってコンビニの椅子に寂しそうに座っています。

すると、突然、商談を早めに切り上げてきて帰ってきた浅羽が姿を見せると、樹木は愚痴を言いながらも楽しそうな顔になります。

そして、文句が尽きない樹木に浅羽はキスをして、樹木の愚痴は終わります。

 

主な出演者

主な出演者(敬称略)は森七菜、中村倫也、仲野太賀、石橋静河、飯塚悟志、古川琴音、一ノ瀬颯、佐野貴史、長村航希、中田クルミ、佐野ひなこ、利重剛、市川実日子、山本耕史です。

出演者の登場作品

出演者の関連記事

この人もライダー出演者!

コメント

  1. […] 【この恋あたためますか】を手短にご紹介(古川琴音)【この恋あたためますか】を手短にご紹介おすすめ度:83点。ズバッと内容:コンビニスイーツで恋! この恋あたためますかは20 […]

  2. […] 【この恋あたためますか】を手短にご紹介 […]

  3. […] 【この恋あたためますか】を手短にご紹介 […]

  4. […] 【この恋あたためますか】を手短にご紹介 […]

  5. […] 【この恋あたためますか】を手短にご紹介(市川実日子、石橋静河) […]

  6. […] 【この恋あたためますか】を手短にご紹介|インスタ・ききかじり?ココエブリィのスイートな恋! […]

タイトルとURLをコピーしました