【ウチの娘には、彼氏が出来ない!!】を手短にご紹介|食べてみたい、おだやのさんま焼き?ヲタク女子驚きの出生の秘密!

おすすめ(80~89点)

おすすめ度:85点(おすすめ)

 ウチの娘には、彼氏が出来ない!!は2021年冬、日テレ系、毎週水曜夜10時に放送。主演は菅野美穂さんと浜辺美波さんです。少女のような天然母としっかり者のオタク娘、トモダチ母娘の男性との微妙な距離感に注目!

スポンサーリンク

感想

第1話

トモダチ母娘に恋の予感!ちょっと軽めの、ちょっと天然系な碧(菅野美穂)と空(浜辺美波)が話題となりそうですが、ゴンちゃん(沢村一樹)とゴンちゃんの父・小田俊一郎(中村雅俊)のおじさん俳優に目がいきました。

2人ともいい味出してます。オーラが違う!

ゴンちゃんがたい焼きのあんこが多いほど善(いい)と決めつけていたのには笑いです。実は私もそう思っていましたが、最近は少し違うようです!

見事に覆されました!そこでゴンちゃんが作った”さんま焼き”の登場。さんま焼きは今のところ売れていないようですが、これからどうなるのか注目!。

ゴンちゃんと碧は幼馴染だけど、恋愛には発展しない感じ・・・。でも、まだ始まったばかりなので、どうなるのか分かりません。

ちょっと軽いノリのドラマなので、気楽に見ていこう!

全話見終えて

一番驚いたのは空(浜辺美波)が碧(菅野美穂)の実の娘ではなかったこと!さらに、父親・風雅(豊川悦司)は生きていた!碧の個性的な感性が碧と空を親子にしていた。

血はつながっていないが、碧に育てられた空は碧に似て、あっさりした性格になったのかと思ったけど、さすらいの風雅の性格が空に遺伝しているように感じます。

ときどき、碧と空は心に傷を負いますが、それ乗り越えて、いつも元気に振舞います。

ゴンちゃん(沢村一樹)と碧の関係が微妙でこの二人はどうなのかな?と思いますが、この距離感がこの二人のディスタンスなのでしょう。

ちょっと疑問だったのが、なぜ空が周一(東啓介)と付き合っていたのか(どう見ても好きそうに見えなかった)と、沙織(福原遥)が本当に俊一郎(中村雅俊)を恋人として見ている(年の差ありすぎ!)のかということですね。

このドラマには微妙なディスタンスがたくさんありました。最後に一言、鯛焼き屋おだやのさんま焼きが食べたい。それと、俊一郎の和服とパーカーのコーディネイトはナイス!

相関図

登場人物

水無瀬空 – 浜辺美波

水無瀬空(みなせ・そら)は碧の一人娘。筋金入りの漫画・アニメ好きのオタク。立青学院大学の学生。

水無瀬碧 – 菅野美穂

水無瀬碧(みなせ・あおい)はアラフォーで売れっ子の恋愛小説家。シングルマザー。

ゴンちゃん – 沢村一樹

ゴンちゃん(ごんちゃん)は下町商店街の鯛焼き屋「おだや」の4代目。碧の幼なじみ。20代の頃「俺はこんな商店街で終わる男ではない」と長年放浪の旅に出ていたが、5年前に実家に戻り、先代と店を切り盛りしている。

内容

第1話

下町情緒漂う都会の一角、すずらん町―。
水無瀬みなせ碧あおい(菅野美穂)は、シングルマザーとして娘を育てつつ連載を抱える小説家。“恋愛小説の女王”としてかつて一世を風靡した碧だが、目下の心配事は大学生の娘・空そら(浜辺美波)に浮いた話がまるでないこと。空は、筋金入りの二次元オタクとして三次元の恋とは無縁の生活を送っているのだ。

そんなある日、続編を見込んだ碧の渾身の初ミステリー『アンビリカルコード』が大コケしたことで、碧は編集長・小西(有田哲平)から連載の打ち切りを告げられる。沈む中、新しく担当についた雰囲気イケメンの編集者・橘たちばな漱石そうせき(川上洋平)から次回作にと久々の恋愛小説を発注される碧。しかし華やかな表の顔とは裏腹に、恋愛から遠ざかっている自分に自信をなくしていた……。

その頃、地元商店街の老舗鯛焼き屋・おだやでアルバイトをする空の方は、4代目店主で碧の幼馴染・ゴンちゃん(沢村一樹)に、いくつになっても危なっかしい母の心配を漏らしていた。訳あって碧と同じ独身、幼い時からの腐れ縁のゴンちゃんは先代の俊一郎しゅんいちろう(中村雅俊)と共に頼れるご近所さん。友達のような相棒のような、仲良し母娘の碧と空を温かく見守ってきた。

そんな中、水無瀬家を揺るがす心ときめく“運命的出会い”が碧と空に訪れようとしていた。さらに空は、大学きっての“陽キャ”モテ男で、同じゼミの入野光ひかる(岡田健史)の一言についカッとなり、ある事件を起こしてしまう……。恋愛から遠ざかっていた天然母と、恋愛未経験のオタクなしっかり娘。前途多難なエキサイティング・ラブストーリーが始まる!
出典:ウチの娘には、彼氏が出来ない!! 公式HP

ネタバレ

強引に参加されたゼミの飲み会で、空はバカにされたと思って、ひかるに枝豆を投げつけて家に帰ります。

書けなくなった碧は家計のために引っ越しを提案してきた空と喧嘩をして、空は家を飛び出して、おだやのこたつの中に駆け込みます。

夜、空はゴンちゃんからもらったぜんざいを食べながら、碧は空のために引っ越しをしない、碧がいつも空の事を考えていると聞くと、碧の分のぜんざいを貰って帰ります。

碧はアンビリカルコードの残り2話もかけずに自信を無くしていた。碧には書きたくない恋愛小説を書くしかないと言い出すと、空は自分が恋愛をするから・・・。というと、碧はやる気を出す。

しかし、四十肩の碧が整体に行くと、イケメン整体師にトキメめく。

第10話(最終回)

風雅ふうが(豊川悦司)から一緒に沖縄で暮らそうと誘われ、心揺れる碧あおい(菅野美穂)。一方仕事では、映画化が話題となり小説家として再び脚光を浴びる。そんな折、碧はニューヨークへの異動を告げられた漱石そうせき(川上洋平)からも、自分と一緒にニューヨークに来ないかと誘われて……!?突然のモテ期の到来に浮かれる碧だが、空そら(浜辺美波)からは沖縄にもニューヨークにもついて行かないと言われ、母娘の間には微妙な距離が生まれる。

そんな中、ゴンちゃん(沢村一樹)は地元の銭湯で風雅と鉢合わせる。風雅に対し一方的に対抗心を燃やすゴンちゃんだが……。
そして大学では、お互いを意識する空と光ひかる(岡田健史)の間にぎこちない空気が流れていた。そんな中でも光は、碧と離れることが淋しいと思っている空の気持ちを感じ取っていて……。
その日、空は渉わたる(東啓介)に別れを切り出す。「他に好きな人、出来た?」という質問に、空の心には光の顔が浮かんでいた……。

一方、おだやには転勤前におでんを食べに来た漱石が現れる。さらに、風雅までやってきて、碧をめぐる男たちが一堂に会するが……。碧と空を自分の物のように話す風雅の態度にイラっとするゴンちゃんは怒りが沸点に達し、勢いよく風雅に殴りかかる!修羅場と化すおだや!タイミング悪く現れた空は、風雅に向かって碧と空の気持ちを代弁するゴンちゃんの言葉を聞いてしまい……!?

母娘をめぐるエキサイティング・ラブストーリーが、ついに最終局面を迎える!

出典:ウチの娘には、彼氏が出来ない!! 公式HP

ネタバレ

風雅はゴンちゃんに殴ってほしかった。ゴンちゃんに碧と空を託したかった。碧は漱石や風雅にはついていかず東京に残ることを決意して、空は周一とも別れて光とマンガ「君のいる世界」を新人賞に応募して努力賞を取ります。

空と光は碧にその報告をすると3人でおめでとうダンス、ありがとうダンスをします。日常がが戻ってドラマは終わります。

主な出演者

主な出演者(敬称略)は浜辺美波、菅野美穂、岡田健史、川上洋平、大地伸永、沢村一樹、福原遥、永見玲亜、有田哲平、中村雅俊、中川大輔、東啓介、吉谷彩子、豊川悦司です。

出演者の登場作品

この人もライダー出演者!

コメント

タイトルとURLをコピーしました