【アノ二マス】を手短にご紹介|指殺人?インターネットの誹謗中傷を許すな!

おすすめ(80~89点)

おすすめ度:83点

 アノニマスは2021年冬、テレビ東京系、毎週月曜夜10時に放送。主演は香取慎吾さんです。インターネットの誹謗中傷や炎上などが後を絶たず、キーボードによる殺人=指殺人(ゆびさつじん)が、社会問題になっています。物語の舞台は、この社会問題に対応するため警視庁に新設された“指殺人対策室”!

スポンサーリンク

感想

第1話

久しぶりの香取慎吾さんです!以外にも不貞腐れた刑事役で意外とピッタリ!

アノニマスってなに?ってネットで調べたら「匿名」ということでした。ネットの世界では匿名で誹謗中傷する人たちが多く、心無い言葉を浴びせられた人は場合によっては自殺することもある。

そう言えば、実際に自殺した有名人もいたな。スマホで文字を打ち込むだけで人を死に追いやることができる世の中ですね。

そんな、匿名の誹謗中傷を許さないのが警視庁指殺人対策室です!

いつか、指殺人で死刑を宣告される日も来るのかな?身勝手な誹謗中傷はやめましょう!!

炎上とはほど遠いこのサイトはこの上なく平和です!対岸の火事ですね。

ドラマの内容は2段落ちがあって面白かったです!不愛想な万丈渉(香取慎吾)が楽しみです。

全話見終えて

指対室や裏K察とはうまくいったものです。スマホの誹謗中傷で追い込まれた人が死を選ぶ。書き込みだけではなく、本人や家族のプライベートの画像や動画がネットにはあふれています。

匿名で他の人中傷して、さらにそれを見た人も中傷を始める。そんな世の中にはなってほしくないな。

さて、ドラマですが、まずはSMAP解散後初めて香取慎吾さんを見ました。ちょっと太ったかな。貫禄でたかな。と思っていたら万丞役にぴったりでした。無口でしゃべっても口が悪い、でも、事件には真摯に向き合って、被害者にも優しい。

とてもいい味が出て、バディを組んでた関水渚さんとの連携もピッタリ。香取慎吾さんは見る価値あり!

内容ですが、これまでにないいい視点でしたがもう少し盛り上がってほしかったですね。ネットで人を殺すというのがまだ無理があったのかもしれません。しかし、これからの世の中、指対室が警察に設置される可能性は否定できません。

指対室が必要ない世の中でいてほしい。ネットは楽しく、元気にやりたいものです。万丈渉にまた会いたい!

相関図

登場人物

万丈渉 – 香取慎吾

万丈渉(ばんじょう・わたる)は警視庁指殺人対策室に配属された刑事。元捜査一課で鋭い洞察力を発揮していたが、ある事件をきっかけに第一線から外され、この部署に異動してきた。

碓氷咲良 – 関水渚

碓氷咲良(うすい・さくら)は万丞の相棒。捜査にとても前のめりで、相談者に感情移入しがち。

越谷真二郎 – 勝村政信

越谷真二郎(こしがや・しんじろう)は指対室室長。温厚な人柄で、万丞と指対室メンバーの板挟みにあいがち。

羽鳥賢三 – 山本耕史

羽鳥賢三(はとり・けんぞう)は捜査一課の刑事。何かと万丞につっかかる。

内容

第1話

警視庁はSNS等の誹謗中傷の撲滅を目指し市民からの相談にのる専門部署「指殺人対策室」=指対(ゆびたい)を新設。メンバーは万丞渉(香取慎吾)を始め、一癖も二癖もある変わり者ばかり…。そんな折、誹謗中傷を苦に自殺したモデルの真田梢の両親が訪れ、匿名の人間たちの心ない言葉に娘は殺されたと涙ながらに訴える。それを聞いた新人刑事の碓氷咲良(関水渚)は「絶対に犯人を逮捕してみせます!」と約束してしまうが…。

出典:アノニマス 公式HP

ネタバレ

真田梢が自殺したのはネットに投稿された誹謗中傷だけではなく、思いもよらないモデル仲間の親友・古賀の罵声が引き金となっていた。ネットに梢の誹謗中傷をした岩永は名誉棄損、脅迫罪で捕まり、古賀は捕まえることはできなかったが、ネットで梢を殺したと誹謗中傷され、スマホを持つ人たちに追いかけられて、階段から落ちます。

第8話(最終回)

万丞渉(香取慎吾)の元相棒・倉木セナ(シム・ウンギョン)が凶弾に倒れた2年前の事件の真相、そしてアノニマスの正体に辿り着いた指対メンバーたち。だが、警察の信用を失墜させ、集合知による正義の執行を唱えるアノニマスの暴走は歯止めが効かない。ネット民だけでなく世論までもがアノニマスの支持を始める中、暴走阻止のキーパーソン・城ヶ崎刑事部長(高橋克実)までもが行方をくらまし…。対アノニマス最後の闘いが始まる!

出典:アノニマス 公式HP

ネタバレ

アノニマスの正体は倉木セナだった。病院を抜け出したセナは自分を裏切り、2年前の事件で証拠を捏造した城ケ崎(高橋克実)を追い詰めます。万丞は城ケ崎の家族の協力を得て2年前に城ケ崎に証拠捏造をさせた黒幕・長谷部国務大臣にたどり着きます。

万丞はセナを見つけ自分がやっていることが間違っていると説得します。しかし、万丞はセナを庇ってセナの協力者・春川に撃たれると、セナの目が覚めセナが春川を撃ちます。

事件は終わり、長谷部国務大臣はSNSで叩かれ、捜査のメスも入ります。

裏K察の盛り上がりは収まり、万丞は回復し、2年前の証拠捏造に加担した越谷室長も復帰して、ドラマが終わります。

主な出演者

主な出演者(敬称略)は香取慎吾、関口渚、MEGUMI、清水尋也、勝村政信、シム・ウンギョン、山本耕史です。

出演者の登場作品

この人もライダー出演者!

 

コメント

  1. […] 【アノ二マス】を手短にご紹介おすすめ度:評価中。ズバッと内容:指で人を殺せるSNS時代。主演は香取慎吾さんです。インターネットの誹謗中傷や炎上などが後を絶たず、キーボード […]

  2. […] 【アノ二マス】を手短にご紹介(清水尋也) […]

  3. […] 【アノ二マス】を手短にご紹介(MEGUMI) […]

  4. […] 【アノ二マス】を手短にご紹介|指殺人?インターネットの誹謗中傷を許すな!(MEGUMI) […]

  5. […] 【アノ二マス】を手短にご紹介|指殺人?インターネットの誹謗中傷を許すな!(清水尋也) […]

タイトルとURLをコピーしました