【春の呪い】を手短にご紹介|棺の中の春の目が開く!

評価中

おすすめ度:評価中

 春の呪いは2021年春、テレビ東京系、毎週土曜夜11時25分に放送。主演は高橋ひかるさんです。最愛の妹を亡くした夏美(高橋ひかる)が付き合うことになったのは、妹の婚約者だった!?妹の呪いが歪な三角関係を生み出す!

スポンサーリンク

感想

現在放送中なので、第1話を見た感想のみとなります。

第1話

最後に驚きました!!どういうこと?事を整理しないといけない。

夏美(高橋ひかる)と春(桜田ひより)が冬吾(工藤阿須賀)と会う。もともと冬吾の母・聖美(高島礼子)の思惑で、冬吾が春を選ぶように仕組まれていた。冬吾と春がデートを重ねて幸せへのレールと順調に走っていたら、妹を取られた夏美が嫉妬の塊になった。

しかし、夏美が春の幸せを願って、嫉妬することをやめたのだが、春は棺(ひつぎ)の中。あれ、春は死んだの?と思っていたら、棺の中に花を添えた夏美の手を死んだはずの春が目を開けてつかみます!

これは春の呪い?と叫んで、1話が終わった。なんだ!!と物語の急展開に一気に吸い込まれて幕切れ。次回からの謎解きが気になるのは当たり前。

これは面白そうだ。

全話見終えて

全話放送終了次第追記します。

スポンサーリンク

相関図

登場人物

立花夏美 – 高橋ひかる

立花夏美(たちばな・なつみ)は一見、明るく社交的だが、胸の内には屈折した感情を抱えている。両親との間に確執があったこともあり、妹の春をただひとりの家族だと溺愛している。

立花春 – 桜田ひより

立花春(たちばな・はる)は夏美の妹。物静かな大和撫子。小さな頃から夏美の愛情に守られて生きてきた。病気で他界してしまう。

柊冬吾 – 工藤阿須賀

柊冬吾(ひいらぎ・とうご)は立花春の婚約者。財閥系の資産家の息子で、容姿端麗でもあるエリート銀行マン。どこか冷めた性格。

内容

第1話

立花夏美(髙橋ひかる)は11歳だった2010年春に母・京子(近藤奈保希)と死別。そんな時に女性の影をちらつかせる父・浩司(飯田基祐)を夏美は軽蔑し、妹の春(桜田ひより)をたった一人の家族として生きる決意をする。だが2020年冬、姉妹に舞い込んだ柊冬吾(工藤阿須加)との見合いによって妹との絆を揺るがす危機が。冬吾は遠縁にあたる相馬財閥の分家、柊家の三男。冬吾の母・聖美(高島礼子)が目を付けたのは春だった。

出典:春の呪い 公式HP

 

主な出演者

主な出演者(敬称略)は高橋ひかる、工藤阿須賀、桜田ひより、高島礼子、飯田基祐、河合青葉、結城モエ、薬丸翔、津村和幸、白鳥玉季です。

出演者の関連記事

この人もライダー出演者!

【春の呪い】を見るならParaviがおすすめ

・Paravi(パラビ)はTBS、テレビ東京、WOWWOWに強い!

・月額1,017円(税込み)で見放題です。

・毎月課金日にParaviチケット1枚もらえて、550円以下のコンテンツを見ることが出来ます。

・はじめの2週間は無料です。

TBS系、テレビ東京のドラマを中心に楽しみたいなら、Paraviがおすすめです。特にテレビ東京が見れない方にはお勧めです。

Paraviの公式HPはこちらです。

タイトルとURLをコピーしました