【ボイス2 -110緊急指令室-】を手短にご紹介|樋口を狙う白塗りの男の正体は?樋口の刑事の勘とひかりのスーパー聴力!

見てほしい(90点以上)

おすすめ度:90点(見てほしい)

 ボイス2 -110緊急指令室-は2021年夏、日テレ系、毎週土曜夜10時に放送。主演は唐沢寿明さんと真木よう子さんです。2019年夏に放送された前作『ボイス』に引き続き2作目となるこのドラマ。

『3分で現場到着、5分で現場確認、10分で検挙』という被害者の生死を分けるクライシスタイム。この制限時間内に敏腕刑事・樋口彰吾と驚異の聴力を持つボイスプロファイラー・橘ひかりが人々を救い出すタイムリミットサスペンス!

スポンサーリンク

感想

第1話

白塗りの男の正体は!?

樋口が港東署ECU(Emergency Call Unit)にいない間、班長を務めていた重藤が拉致。樋口の息子の大樹も拉致されて、白塗りの男は樋口にどちらを助けるのか選択させる。

白塗りの男の計画は完璧で、樋口とひかりは手のひらの上で遊ばれていた。白塗りの男の術中にはまって、2人を助けることができなかった樋口でした。

前半はハラハラの種まき、後半は芽が出て、あっという間に1話が終了。えぐい場面は韓国版よりも少なかったですが、内容的には日本版の方が上かも。

韓国版とは違い、キャストはほとんど前作の持ち上がりで、内容も所々似ているが、韓国版とはアナザーワールド。さて、これからどんなハラハラドキドキが体験できるのか楽しみです。

全話見終えて

毎回、ハラハラドキドキです。韓国版も見たのですが、被っている内容もあれば、オリジナル内容も織り込まれ、別のドラマって感じでした。韓国版の方が残酷なシーンが多かったのですが、最終回は日本版の方が見応えあり!

っと、いきなり最後の話をしてしまうほど息詰まる最終回でした。

久遠(安藤政信)の亡くなった母親のエンバーミング処理には驚きましたね。遺体が腐らないんですね。ミイラみたいなものですかね。怖くてあまり調べられませんでした。大樹君(鳥越壮真)への焼き印にも驚きました!可哀そうすぎて、胸が苦しくなる。

途中、透(増田貴久)が亡くなり、ネットでは大騒ぎ!ファンからは生き返ってほしいと多くのコメントがありました。いろんなことがありましたが、今回は少しひかり(真木よう子)の影が薄かったかな。もう少し活躍してもよかったかもしれない。でも、ひかりの地獄耳は健在!何なら、さらに聞こえるようになっているように思います。

音が聞こえるだけでもいろんなことが分かるようです。嘘か本当かまで分かるので、刑事としてはかなり有効な技能です。

彼女の近くではひそひそ話は絶対に不可能。上司の悪口が言えない労働環境です。

白塗りの男の正体は久遠京介。優秀な解剖医でした。樋口(唐沢寿明)の妻・未希が殺された時に妻の解剖をしようです。樋口を逆恨みした理由は、樋口にとってはかなり理不尽でしたが、久遠の境遇をしると心がねじれるのも分かります。

母親が強姦されて生まれた子供だったとは・・・。そもそも悪いの母親を強姦した5人の男と当時監視役をしていた小野田刑事部長(大河内浩)。こいつらは死刑だ!って、もう久遠が殺しています。

安藤政信さんの演技が凄かったですね。特に最終回の涙は心撃たれました!樋口は久遠を撃ちませんでした。

正直言って、ハラハラドキドキ系は苦手なんですが、続編に期待しましょう!

スポンサーリンク

相関図

 

白塗りの男の正体判明!

登場人物

樋口彰吾 – 唐沢寿明

樋口彰吾(ひぐち・しょうご)は「ハマの狂犬」と恐れられた港東署ECU緊急出動班・班長で凄腕の刑事。性格は情熱的で、時には感情任せで動いてしまうが、情に厚く後輩たちからも信頼される昔気質な男。

妻を正体不明の暴漢に撲殺されて以来、堕落した日々を送っていたが、2年前、緊急指令室の中に新たに発足したECU(Emergency Call Unit)の緊急出動班の班長に就任。室長の橘ひかりと共に、自身の妻・未希とひかりの父親を殺害した連続殺人犯・本郷雫の正体を突き止め、逮捕した。

本郷雫を逮捕した後は病を抱える息子・大樹の治療のため現場を離れていた。治療が終わり元気になった大樹と共に横浜に帰ってきたのだが、新たな事件に巻き込まれ…

橘ひかり – 真木よう子

橘ひかり(たちばな・ひかり)は「声」で人々を救い出す港東署ECU・室長。ボイスプロファイラー。幼少期、事故で目をケガしてしまったが、同時に微かな音も聞くことができる絶対聴感能力が生じた。

警察大学を卒業した後、緊急指令室で働いていたが、ひかりが受けた電話で通報をしてきた樋口の妻が電話口の向こうで殺される。さらにその後、警官だった父親も同じ男に撲殺されてしまう。失意と悔しさに苛まれたひかりは、ボイスプロファイルの専門家となる。

2年前に緊急指令室の室長に就任したひかりは、室内に独自の捜査チーム・ECU(Emergency Call Unit)を新設、その班長に樋口を任命し、ともに父を殺した連続殺人犯・本郷雫を逮捕した。

現在もECUで室長を勤めている。樋口に代わってECU緊急出動班・班長になった重藤雄二と交際しており、プロポーズを受けている。

石川透 – 増田貴久

石川透(いしかわ・とおる)は樋口を兄貴と慕う後輩刑事で、港東署ECU緊急出動班・捜査員。もともとは強行犯係に在籍し、当時係長だった樋口のことを「兄貴」と呼び、大変慕っている。腕っぷしの強い現場のムードメーカー。

2年前、樋口とともにECUの捜査員となるが、図らずも父を脅した犯人の命を奪ってしまったことを連続殺人鬼に利用され、樋口を裏切る事になってしまう。

事件後、警察官を辞職しようと決めたが、ひかりに慰留され警察に復帰し、港東署生活安全課に勤務することになる。樋口の帰還に伴い、再びECUの一員として共に捜査にあたる。

内容

第1話

港東署緊急指令室(110番)の直轄チーム『Emergency Call Unit』(通称:ECU)は、通報から10分以内に被害者を救出する初動捜査に特化した部署。

室長の橘ひかり(真木よう子)と、ECU緊急出動班の班長・重藤雄二はその日、本部での会議を終えたその足で、立てこもり事件の現場へ向かう!現場では爆弾を巻きつけた男が、妊婦を人質に声を荒らげていて……!ひかりは犯人の男の“声”に耳を澄ます。類まれな聴力と分析力を併せ持つボイスプロファイラーのひかりは、即座に男の特徴を掴むと、指令室の室員たちと連携し、鮮やかに男の身元と目的を割り出していく……!

一方、息子・大樹のため、現場から退いていた元刑事・樋口彰吾(唐沢寿明)は、妻の墓参りの帰り、女性が襲われている現場に遭遇。被害者・純名を助け出し、犯人の男を追う!しかし、予め逃走経路を決めていた男は逃走。その直後、先に家に帰したはずの大樹と連絡が取れなくなり……。

出典:ボイス2 公式HP

ネタバレ

白塗りの男の企てで、重藤と大樹の同時拉致が発生し、男は樋口にどちらかを助けることを選択させます。樋口は大樹をひかりに任せて、石川と重藤救出に向かいますが、時すでに遅く、重藤は殺害されていた。

大樹も見つけることができず、白塗りの男に捕まったまま。樋口は2人とも救うことができずに怒りが頂点に達して、炎の向こうにいる白塗りの男に銃口を向けます。

第10話(最終回)

マスコミの注目が集まる中、港東署に出頭した久遠(安藤政信)!取り調べにあたった樋口(唐沢寿明)とひかり(真木よう子)に、久遠は自分が送ってきた人生について語り出す。初めて明かされるその“物語”とは……!

一方、緊急指令室では、自殺した本部長・小野田が生前に久遠と交わした電話の内容が、インターネット上に公開されていることが判明。県警トップが久遠に協力していたことが公になり、世間では警察に対する激しいバッシングが巻き起こる。
そして、供述を続ける久遠は、自分にとって樋口こそが真の『父親』だと語る……!久遠が樋口に執着し、執拗に絶望に突き落とそうとした理由を知り、怒りを爆発させる樋口。しかしその時、県警本部の刑事部長・本田が間に入り、取り調べ半ばで久遠の身柄は本部に移されることに……。「続きは大きな舞台で―」久遠は意味深な言葉を残し、樋口の前から連行されていく。

そんな中、手術を終えた緒方から緊急の連絡が入る。片桐のPCデータから、久遠たちが爆弾の材料を大量に購入していたことがわかったという。「久遠はまだ何も諦めていない」そう確信する樋口たちだが……。
同じ頃、久遠を連行する本田たちの前には、なんと片桐が現れる!久遠に心酔する片桐は、久遠の逃亡を助けようとしていた。そして、樋口とひかりが駆けつけた時、すでに久遠の姿は消えていた……。
久遠が待つ恐怖の舞台へと導かれる樋口たち。最後の悪夢が幕を開ける……!

出典:ボイス2 公式HP

ネタバレ

久遠はタワーマンションの住人500人を閉じ込めて、108個の爆弾を仕掛けます。爆弾キーを警察から入手した個人情報をもとに住人関係者にメールで送り、さらに無作為に選んだ人にも送っていた。

警察を敵視する人や久遠に同情する人、興味本位の人など、いろんな人が爆弾キーを押すたびに爆発が起きます。

樋口たちは通気口からマンションに入り住人を避難させますが、樋口は久遠との最終決戦に臨みます。

樋口は久遠を殺そうとし、久遠もそれを望んでいましたが、樋口は久遠を殺すことなく、昔の久遠の心を助けることができなかったことを久遠に話します。すると久遠は爆弾スイッチを手放してやってきた捜査員に捕まります。

すべての住人を避難させたのですが、少年1人が行方が分からない。ひかりはかすかな音を頼りに樋口と少年を見つけますが、何者かが爆弾スイッチを押して爆発します。危機一髪の状況で樋口たちを助けたのは久遠でした。

久遠は自分が盾となって樋口とひかりを救い、力尽きて死にます。事件は解決しますが、最後に爆弾キーを押した人は不明。

樋口は新たな通報があり、事件現場へ急行し、ドラマは終わります。

主な出演者

主な出演者(敬称略)は唐沢寿明、真木よう子、増田貴久、遠藤雄弥、福澤重文、宮田佳典、松本博之、田村健太郎、宮本茉由、中川大輔、藤間爽子、増田昇太、藤本隆宏、大河内浩、鳥越壮真です。

出演者の関連記事

この人もライダー出演者!

【ボイス2】を見るならHuluがおすすめ

・人気映画・ドラマ・アニメ等60,000本以上!!

・マルチデバイス対応で いつでも・どこでも、視聴できる!

・まるで映画館!驚きの高画質!

・無料お試し期間が終わっても、お手頃に全て見放題!
月額1,026円(税込)で見放題!月に何本もレンタルする方は Huluがおトクかも!?もちろん、いつでも無料で解約できるので、安心してご利用いただけます。

日テレ系ドラマを中心に楽しみたいなら、Huluがおすすめです。

こちら画像をクリックしていただければ早いです!
日テレドラマ

詳しくはこちらでも紹介しています。 Huluをもう少し知りたい

タイトルとURLをコピーしました