【にぶんのいち夫婦】を手短にご紹介|夫のスマホに女性からのメール!和真の浮気相手は誰?

まあまあ(70~79点)

おすすめ度:77点(まあまあ)

 にぶんのいち夫婦は2021年春、テレビ東京系、毎週水曜夜0時40分に放送。主演は比嘉愛未さんと竹財輝之助さんです。イケメンで誠実な夫とは周囲も羨むような仲良し夫婦。幸せな新婚生活を送っているはずだった。

夫のスマホに届いた見知らぬ女性からの意味深なメッセージから2人の間に溝ができる。ざわハララブストーリー。

スポンサーリンク

感想

第1話

和真(竹財輝之助)はイケメンで誠実で浮気をしない夫・・・のはずが。夫のスマホに女性の名前で”今日は楽しかったね”とメールが来て、それを偶然見てしまった文(比嘉愛未)は「もしかして?」と余計なことを勘ぐり始めます。

夫を信用していた文でしたが、やはり疑ってしまう。

亮が「あまり疑うと白が黒になる」と言ったのはうなずきました。でも、和真は黒だったんですよね。結婚記念日に和真と一緒にいた女性は誰かな?文が知っている人なのか、それとも全く知らない人なのか。

どうなるのか楽しみです!

全話見終えて

和真(竹財輝之助)の浮気相手は文(比嘉愛未)の親友のさやかだった。とはいっても、さやか(黒川智花)の狂言だったので、和真はシロ。意外でした!上手く騙されてしまいました!

でも和真を信用しきれなかった文は離婚を決意。和真がかわいそう。

高校生の時も彼氏をさやかに取られた文。さやかは厄介だ。でも、文にとって夫より親友を大事にしてしまう。それって、どう?

でも、さやかと和真の間には何もなかったのだから許してもいいのか・・・。結局、にぶんのいち夫婦とは妻も夫も完全ではなく、足して1になるという意味のようです。

四分の一と四分の三でも足して1になる。そんな夫婦もありですね。

最終回で和真がナイフで刺された時は驚きましたが、最後に和真と文がやり直すことを決意して安心しました。ナイフで刺したのは誰でしょう?答えは、高梨。そう来たか!!って感じでした。

スポンサーリンク

登場人物

中山文 – 比嘉愛未

中山文(なかやま・あや)は結婚2年目・32歳の主婦。元気で明るい性格。日中は「コールセンターでパートをしている。イケメンで誠実な夫・和真とは周囲も羨むような仲良し夫婦。

幸せな新婚生活を送っているはずだったが、ある日和真のスマホに届いた、見知らぬ女性からの意味深なメッセージを見てしまい…。

中山和真 – 竹財輝之助

中山和真(なかやま・かずま)は文の夫。名門大学出身で飲食系マネジメント会社の課長。文とは5年前に出会い、人生初の一目惚れをする。

料理が得意で優しくマメな評判のいい旦那だが、あることがきっかけで浮気疑惑が浮上する。

一覧

内容

第1話

結婚2年目、32歳の中山文(比嘉愛未)は、周囲も羨むイケメンで誠実な夫・和真(竹財輝之助)と平穏な生活を送っていた。二日酔いで昼まで寝ている嫁のために、朝食まで作ってくれる…文は、自慢の夫を手に入れ「世界一幸せな妻」だと思っていた…そう、“あの日”までは。
ある日、文はひょんなことから和真の携帯に届いた意味深なメッセージを見てしまう。そして、帰りが遅くなり始める和真。浮気?2ヶ月のセックスレスも重なり、文は不安を募らせる。しかし決定的な証拠はない…。夫の浮気を追求するか否か…。迷いの結婚生活が始まる――。

出典:にぶんのいち夫婦 公式HP

ネタバレ

結婚記念日の日、和真は仕事で帰ってこれないというと、文の不安はさらに大きくなります。夜遅くに帰ってきた和真を見て文はヤキモキしますが、和真が結婚記念日の日できるだけ早く帰ってくると話すと落ち着きを取り戻します。

2人がベッドに行くと、和真のスマホの着信バイブが振動して、和真はシャワーを浴びに行き、その夜は抱き合うことなく眠ります。

結婚記念日の日、文がいつもより気合を入れて和真の帰りを待っていると、和真から帰れないと連絡が来ます。

文が折り返し電話をすると和真は気づかず女性とベッドにいます。

文は和真の浮気を確定させて怒りがこみ上げてきます。

第8話(最終回)

「世界一幸せだと思っていたあの頃には、もう戻れない」全てがさやか(黒川智花)の嘘だと分かり、和真(竹財輝之助)への浮気疑惑も晴れることに。しかし、文(比嘉愛未)は和真に「離婚しよう」と告げる。
一方、文を思うがゆえ秘密や嘘を重ねていったことで、全てを狂わせてしまった和真。どうしてこうなってしまったのか…和真は絶望の淵につき落とされていた。そんな中、予想外の出来事が2人を襲う!?最後に導き出した“夫婦”の形とは?

出典:にぶんのいち夫婦 公式HP

ネタバレ

腹いせで、高梨が文を包丁で刺そうとすると、和真が身を挺して守り、包丁で刺されます。病院で眠る和真を心配する文は、一緒にいてくれた亮に感謝しますが、和真の事を心配する文を見ていた亮は文の事を諦めます。

文は刺される前に和真が書いた文への思いを込めた手紙を見て離婚を考え直します。

主な出演者

主な出演者(敬称略)は比嘉愛未、竹財輝之助、坂東龍汰、黒川智花、秋元才加、瀬戸さおりです。

出演者の関連記事

この人もライダー出演者!

タイトルとURLをコピーしました