【ゲキカラドウ】を手短にご紹介|見るだけでつばが出る!顧客を辛さでランク付け、まずは1カラ?

おすすめ(80~89点)
スポンサーリンク

おすすめ度:80点(おすすめ)

 ゲキカラドウは2021年冬、テレビ東京系、毎週水曜夜0時12分に放送。主演は桐山照史さんです。「激辛道=ゲキカラドウ」を真剣に追い求める一人の男が、男として、仕事人として、一皮も二皮もむけていく。

辛さの試練を越えることで成長し、困難なことにも立ち向かえる精神を持つことがゲキカラドウ!困難な仕事にぶち当たったらこのドラマがお勧め?辛さの先には仕上がった自分がいる!

スポンサーリンク

感想

第1話

激辛道、それは激辛の向こう側にあるカタルシスへの道。激辛の世の中で、失敗を恐れず、敢えて困難に立ち向かう勇気こそ、何ものにも代えがたい糧になる。

きざみねぎの代わりにきざみ青唐辛子!スープも真っ赤。

猿川の激辛道は始まったばかり、これからもっと辛くなるようです。

辛さの先に幸せは来るのでしょうか。見ているだけで口の中が唾液でいっぱいになります。

全話見終えて

毎回辛い料理が登場しますが、どれも赤色がベース!これはシャア専用か!と思うぐらい赤ばっかり。しかもいろんな辛い食材や調味料なんかも出てきて、見てるだけでつばが出る。

ちなみにこちらのお好み焼きはお好み焼きが見えない!

激辛道とは辛さを乗り越え、物事を成し遂げるという谷岡室長の教え。分からなくもないが、激辛じゃなくてもいいのでは?と思いますが、他に変わるものが見つかりません。やっぱり、辛いに一を加えると幸せになるというフレーズからしても激辛になるでしょう。

激辛を軸としたちょっと強引なストーリーでしたが、顧客の難易度を激辛度でランク分けするなど、ここまで激辛にこだわるのなら、認めるしかない!

最終回で激辛ブーム到来の様相で締めくくられていましたが、猿川さんには東京で頑張ってもらいたいです。LONLONには激辛飲み物はないのでしょうか?もしかしたらこれからの激辛ブームに備えて作るかも?

想像しただけで喉が焼けそう!

スポンサーリンク

登場人物一覧

スポンサーリンク

登場人物

猿川健太 – 桐山照史

猿川健太(さるかわ・けんた)は⼤阪本社での実⼒を認められ東京⽀社・営業促進室に異動。⾕岡が唱える“ゲキカラドウ”によって成⻑していく。

大河内友麻 – 泉里香

大河内友麻(おおこうち・ゆま)は激⾟料理で“美”と“健康”を追求する促進室の紅⼀点。常に刺激を求める“エロ⾟い”美⼥。

秋山雅人 – 前川泰之

秋山雅人(あきやま・まさと)はひと昔前ならモテたであろう“ちょい悪オヤジ”的⾊男。“モテ⾟ドウ”を提唱し、「(激⾟店で)⼥が⼀番上のボタンを外す時…それは今夜OKのサインだ」など独⾃の理論を展開する。

スポンサーリンク

内容

第1話

飲料メーカー「ロンロン」の社員・猿川(桐山照史)は、⼤阪本社での実⼒を認められ東京⽀社・営業促進室に異動となる。だが、異動初日に老舗酒店に営業に行くも失敗。店主の葛城(相島一之)を怒らせてしまう…。その日の夜、室長の⾕岡(平田満)、大河内(泉里香)らによって猿川の歓迎会が開かれる。しかし、そこで出てきたものは、驚くほどの激辛料理…!圧倒される猿川に谷岡は“ゲキカラドウ”なるものを唱える…。

出典:ゲキカラドウ 公式HP

ネタバレ

本物の辛さを知ってこそ、何事にも打ち勝つ力が備わる。辛いはつらいとも読むが一本足せば幸せになる。

次の日猿川は営業周りで一人でラーメン屋に入り、間違って地獄ラーメン50丁目を注文してしまうと、みんなから注目を浴びる。

ラーメンが来ると真っ赤なスープで、いかにも激辛、周りの客も息をのむが、猿川は気合を入れて食べ始めます。

地獄のような辛さが猿川を襲うが、猿川は負けてたまるかの根性で食べ続けます。額からは汗が流れ始めるが、食べ続ける。

食べ終えた猿川が店を出ると風が気持ちよく生まれ変わった気分で力がみなぎってきます。

猿川は昨日怒られた信濃屋酒店に行くと、店主の葛城が苦戦していたパソコン操作を少し教えて帰ろうとする。すると、葛城は猿川の名刺をもらってくれた。

猿川は谷岡から教わった激辛道が少しわかった気がした。しかし、これから回る営業先の中で信濃屋酒店は1辛だった。

 

第12話(最終回)

飲料メーカー「ロンロン」の東京支社・営業促進室に異動してきた猿川(桐山照史)は「JAL」への商品プレゼンを任される。室長の谷岡(平田満)はいつになく厳しく、手伝おうとする友麻(泉里香)たちを「彼1人に任せなさい」と突き放す。いつもなら協力し合えと言うはずの谷岡の態度に驚く一同…。実は猿川には大阪本社に戻るよう辞令が出ていた。はたして猿川は東京での最後のプレゼンを成功させることができるのか…。送別会は激辛界の総本山・蒙古タンメン中本!伝統の蒙古タンメンに汗と涙が止まらない!?北極を超える「ヒヤミ」とは?

出典:ゲキカラドウ 公式HP

ネタバレ

猿川はプレゼン資料を谷岡に提出しますが、何度もやり直しをさせられますが、猿川はめげずに何度も挑戦して、谷岡が納得するプレゼン資料を完成させます。

JALを利用するお客様の事を考えた冷静スープビスタでまとめられた資料はJALの担当者に認められ前向きに検討されることになります。

その報告を受けた谷岡は猿川に大阪異動の話をします。猿川は最後の仕事に谷岡が自分に厳しくしたのだと分かりました。

谷岡は送別会の店に”蒙古タンタン中本本店”を選んでいた。この店は谷岡にゲキカラドウを教えてくれた店だった。

6人で食べる最後の激辛となり、谷岡は苦しさの上で物事を成し遂げることを猿川たちに話します。

それぞれが注文した激辛メニューがテーブルに並べられると、全員で「いただきます」と食べ始めますが、猿川はみんなの食べる姿を見て「ありがとうございました」と感謝の言葉を述べてから食べ始めます。

翌朝、出社した谷岡は”激辛道”の額縁を猿川に渡しますが、社長から激辛ブームに備えて営業促進室の拡大することが決定して、猿川の異動はなくなります。

猿川たちは早速、激辛ブームに火が付く前の下準備に奔走します。

スポンサーリンク

主な出演者

主な出演者(敬称略)は桐山照史、泉里香、中村嶺亜、森田甘露、前川泰之、平田満です。

出演者の登場作品

この人もライダー出演者!

コメント

タイトルとURLをコピーしました