【ラブコメの掟】を手短にご紹介|瑠璃姫は、なまえのないお姫様?恋愛情報は少女漫画!

まあまあ(70~79点)

おすすめ度:70点(まあまあ)

ラブコメの掟は2021年春、テレビ東京系、毎週水曜夜1時10分に放送。主演は栗山千明さんです。

綺麗でスタイル抜群、仕事も優秀なパーフェクトウーマンなのに、恋愛偏差値はゼロ!“少女漫画頼み”なこじらせアラサー女子がパーフェクト男子に恋愛指南?

スポンサーリンク

感想

第1話

栗山千明さんの瑠璃姫がいいですね。なぜかキメの言葉を発する前に髪をかき上げます。これも二次元あるあるなのかな。

完璧な女子は部下の相談を断らない!しかし、実際の瑠璃(栗山千明)はだらしなく、弟に部屋の掃除をさせて、2次元で情報収集して完璧女子を演じていて、心の中も完璧から遠い!

あっちの方も全然だめで、部下の相談に答えるために禁断チャンネルサイトを見ようか迷っているときにパーフェクト男子の真宮(小関裕太)に見られたかも!と心の中はドキドキ心配。

真宮に誘われて飲みに行くと、禁断チャンネルはバレていなくて、真宮の恋愛相談が始まった。安心した瑠璃子は飲み過ぎて喋りが止まらない!

これは危険な展開!と気づかなかったのでしょう。よっぽど安心しきって飲み過ぎたのでしょう。

朝、目が覚めると散らかった自分の部屋に寝ていて、真宮もベッドの横で寝ていた。漫画でよくあるシーンがリアルになった!

酒の席で余計な約束をしたのでしょう、真宮に恋愛指南をすることになった瑠璃は心の中で無理だと思いながらも、完璧女子を演じる瑠璃は髪をかき上げて、「いいわよ」。

瑠璃の心の声も面白くて、これから真宮にどう恋愛指南するのか楽しみです。

全話見終えて

完璧な働く女性で、恋愛上級者を演じていた瑠璃が亮に頼まれて恋愛指南します。しかし、仕事はできても恋愛の事は少女漫画で得た知識のみ。亮にバレバレの状態で恋愛指南をしていきますが、亮は気づかないふり。

亮が好きだったのは瑠璃だった・・・。瑠璃は子供の頃から読んでいた『なまえのないお姫様』だった。着飾るばかりで自分がいない。それに気づいた瑠璃は最終回で亮と離れることをやめて、一緒に歩んでいく事を選択。

見事に、ハッピーエンドになる!ん?着飾る・・・。といえば、

【着飾る恋には理由があって】を手短にご紹介|雑炊じゃないよ、これは絶品カレー!くるみは単なる甘えん坊?
おすすめ度:79点(まあまあ)主演は横浜流星さんと川口春奈さんです。凝り固まった価値観で、鎧をまとった“着飾る女”とシンプルを追及する”ミニマリスト男”が一つ屋根の下に?うちキュン♡ラブストーリー!

同時期に放送された他局のこのドラマを思い出した。全然違うドラマですが、なんとなく、題名だけで・・・・。

そういえば、瑠璃と亮のデートシーンがドラマ『ソロ活女子のススメ』の5話に登場して、ソロ活女子の主人公・五月女恵も『ラブコメの掟』の10話に登場していた。

【ソロ活女子のススメ】を手短にご紹介|ソロ焼き肉とソロリムジンで東京巡り!一人を楽しむ自分の世界!
おすすめ度:80点(おすすめ) 主演は江口のりこさんです。好きな時に、好きな場所で。ひとりを楽しむ人生“ソロ活”をテーマにしたドラマが誕生!ソロ活していますが、人間嫌いじゃありません。ソロ活をしながら一期一会で多くの人と出会います。

お互いワンシーンだけでしたが、二つのドラマを見ていた人はすぐに気が付いたんじゃないかな。

で、このドラマの感想ですが、今ひとつだったかな。でも、こういうドラマが好きな人はいるだろう。お姫様系の少女コミックが好きな人にはいいのかもしれない。

スポンサーリンク

登場人物

九条瑠璃 – 栗山千明

九条瑠璃(くじょう・るり)は卓綺麗でスタイル抜群、仕事も優秀な“百戦錬磨”風パーフェクトウーマンなのに、実際は彼氏いない歴15年の超ド級な恋愛初心者。

真宮亮 – 小関裕太

真宮亮(まみや・りょう)は見た目も中身もパーフェクトな職場の後輩。

内容

第1話

九条瑠璃(栗山千明)は、電子コミックの編集部で働く優秀なアラサー。パーフェクトな外見と言動から恋愛経験豊富と思われてきた。しかし実際は、15年前の大学時代に彼氏が一瞬いただけの恋愛ド素人。
そんな瑠璃が、“見た目も中身もパーフェクト”な職場の後輩・真宮亮(小関裕太)から突然、飲みに誘われ恋愛相談を持ち掛けられる。「誰と付き合っても3か月以上続かない」と打ち明ける亮に「あなたがまだ本当の出会いをしていないだけよ」とドヤ顔で答える瑠璃。これもすべて瑠璃が少女漫画から得た知識!しかし…飲みすぎた瑠璃が翌朝目を覚ますと、隣には亮の姿が!瑠璃の頭の中は大パニック。そして、なぜか瑠璃は亮に恋愛指南をすることに!理想の彼氏像を体現していく亮に瑠璃の15年ぶりのトキメキが止まらない!

出典:ラブコメの掟 公式HP

第12話(最終回)

「離れよう」と告げた瑠璃(栗山千明)。亮(小関裕太)に背を向けて歩き始める瑠璃の後を追えず、亮は立ち尽くした。
次の日、職場からの帰り際、瑠璃の前に突然、亮が現れ会議室に引っ張り込まれる。別れに納得がいかない亮は「俺はもう1回片思いするだけです」と訴える。その瞬間、突然力が抜けて、亮は倒れてしまった。亮を家に送り届けた後、本棚の少女漫画をおもむろに捨てようとする瑠璃。すると、「なまえのないお姫様」という一冊の絵本が瑠璃の目に飛び込んできた。亮との思い出を振り返りながらページをめくる瑠璃…その時、瑠璃の手が止まった。二人の運命の歯車がまた大きく動き出す!

出典:ラブコメの掟 公式HP

ネタバレ

瑠璃は自分から逃げない様に亮から離れないことを決意します。そして、1年後、瑠璃が手掛けたオリジナルコミック『初恋ときどきこじらせる』が3ヶ月連続配信1位となり、社長賞をもらったのを期に瑠璃と亮は結婚することをみんなに公表します。

主な出演者

主な出演者(敬称略)は栗山千明、小関裕太、草川拓弥、堀田茜、吉沢悠です。

出演者の関連記事

【ラブコメの掟】を見るならParaviがおすすめ

・Paravi(パラビ)はTBS、テレビ東京、WOWWOWに強い!

・月額1,017円(税込み)で見放題です。

・毎月課金日にParaviチケット1枚もらえて、550円以下のコンテンツを見ることが出来ます。

・はじめの2週間は無料です。

TBS系、テレビ東京のドラマを中心に楽しみたいなら、Paraviがおすすめです。特にテレビ東京が見れない方にはお勧めです。

Paraviの公式HPはこちらです。

タイトルとURLをコピーしました