【推しの王子様】を手短にご紹介|私好みの男、育てます!スタートは乙女ゲーム『ラブマイペガサス』のケント様極似のイケメン残念男?

おすすめ(80~89点)

おすすめ度:80点(おすすめ)

 推しの王子様は2021年夏、フジ系、毎週木曜夜10時に放送。主演は比嘉愛未さんです。女社長の前に舞い降りた残念すぎる王子様!?私が理想の男性に育てます!この夏一番尊いロマンチック・コメディー!

スポンサーリンク

感想

第1話

航(渡邊圭祐)は10万円で殴られ過ぎだろう!イケメンだけど、基本はバカ。でも、必死で生きている。夢も希望も持てずに・・・。そんな男が空から降ってきた。

あなたならどうする?私なら素通りするかな。でも、和泉(比嘉愛未)は航の事情を聞いて、倫久(ディーン・フジオカ)の言葉を聞いて、乙女ゲームとの出会いを思い出して、航に夢を与え、自分も夢を見つけた。

航の純粋なバカっぷりが面白そうだ。まあ、基本はイケメンなのでどうにかなるだろう。まずは着飾るところから。

着飾るだけで王子様!泉美たちには乙女ゲームの『ラブ・マイ・ペガサス』の主人公・ケント様に見えるようだが、私にはどう見ても仮面ライダーウォズにしか見えない。

渡邊圭祐さんの最近の活躍ぶりは凄い!航の成長が楽しみですが、水嶋(船越英一郎)の怪しげな笑いと、杏奈(白石聖)の存在が気になりますね。

1話から種まきしてます!

全話見終えて

何もできなかった航が回を追うごとに成長していき、ある時、覚醒したかの如く急成長!できるイケメンに大変身!まるで、乙女ゲーム。ドラマの内容もまるで乙女ゲームの様に流れていきます。

泉美が航を成長させていきながら、少しずつ心惹かれていく。でも、ケント様似の航の事は初めから好みだったはず。泉美の事が好きな三井のつらそうな顔が印象に残りました。

以外にも、和泉は三井と付き合い、航が杏奈と付き合うと言う展開となりましたが、最後は泉美と航が結ばれました。まあ、そうなるわな。

このドラマで私が注目していたランタンホールディングの水嶋社長ですが、もっと悪い奴かと思ていたのですが、最終回では結構いい奴じゃないか、と見直した反面、ガックリもしました。

もっと泉美たちに酷いことをして、ケント様(航)がマネーゲームでランタンを買い取るっていうのもありだったかな。

アンナの引き際の良さにも驚いたな。杏奈以上に驚いたのが三井さんです。映画を作るなんて、すごい行動力。彼は間違いなく優秀な男だ。やっぱ乙女ゲームはイケメンが必須か・・・。

実は、乙女ゲームやったことないんですよね~。やってみようかな~。

スポンサーリンク

相関図

登場人物

日高泉美 – 比嘉愛未

日高泉美(ひだか・いずみ)は乙女ゲームを手がけるベンチャー企業「ペガサス・インク」の代表取締役社長。社長になる前は地元の保険会社で働き、当時は夢もやりたいこともなく退屈な毎日を送っていた。

ある時、乙女ゲームに出会い、人生で初めての“生きがい”を見つける。その後、光井とともに「ペガサス・インク」を起業し、最初にリリースした『ラブ・マイ・ペガサス』が大ヒットを記録。一躍、新進気鋭の経営者としてもてはやされることに。

一流のコミュニケーション能力とマネジメント力だけでなく、誰に対しても壁を作らず等身大で接し、どんなに困難な状況でも絶対に諦めず、ひたむきに前へ進む姿に、部下からの信頼も厚い。

プライベートでは、ここ何年も恋愛をしておらず、もっぱら自身の理想通りに作り上げた『ラブ・マイ・ペガサス』のキャラクターのケント様に夢中。週に1回は必ず、仕事を忘れて『ラブ・マイ・ペガサス』に没頭する。

五十嵐航 – 渡邊圭祐

五十嵐航(いがらし・わたる)はフリーター。今は、日雇いでビルの清掃員として働いている。無作法で無教養で無気力で、これまで一度も人を好きになったことも無い。

10代の頃に、ある理由で地元から東京に出てきたものの、職を転々としながら一つもうまくいかず、今は借金も抱えており、もちろん返すあても無い。髪はボサボサ、着る服にも無頓着で、自分の将来に何も期待することもなく毎日を過ごしている。

しかし、よく見ると端正な顔立ちをしており、泉美が理想通りに作ったケント様にソックリ。ある日、泉美に出会い、人生が一変していく。

光井倫久 – ディーン・フジオカ

光井倫久(みつい・ともひさ)は「ペガサス・インク」副社長でゲームディレクター。もともとは、泉美が保険会社から転職した大手ゲーム会社のトップクリエイターで、泉美の才能と情熱に気付き、二人三脚で「ペガサス・インク」を起業する。

学生時代には映画業界を目指し、自主映画を制作していたこともある根っからのクリエイターで、その言動はいつもスマート。仕事は誰よりもこだわり抜き、部下の面倒見も抜群。

興味のあることを面白がる少年のような一面も。泉美にとって最も信頼できるパートナーであると同時に、泉美へ特別な思いも胸の内に秘めていて・・・。

内容

第1話

日高泉美(比嘉愛未)は、乙女ゲームを手がけるベンチャー企業『ペガサス・インク』代表取締役社長。4年前に起業した泉美が最初にリリースした乙女ゲームが、外見から内面まですべてが泉美にとって理想の“推し”であるキャラクター・ケント様と恋に落ちる『ラブ・マイ・ペガサス』だった。このゲームが異例の大ヒットを記録し、泉美は一躍、新進気鋭の経営者としてもてはやされることに。

起業する前の泉美は、保険会社に勤務し、夢もやりたいこともなく退屈な日々を送っていた。そんなある時、友人から乙女ゲームの存在を教えられ、何気なくプレイを始めたところ一瞬で心を奪われた泉美は、人生で初めて“生きがい”と呼べるものを見つける。乙女ゲームに夢中になるあまり、ゲーム会社へ転職した泉美は、そこで出会ったトップクリエーターの光井倫久(ディーン・フジオカ)とともに、最高の乙女ゲームを一から作り上げるために起業することを決意したのだ。

真面目で、誰に対しても壁を作らず等身大で接する泉美は、どんなに困難な状況でも絶対に諦めずひたむきに前へ進むタイプで、デザイナーの渡辺芽衣(徳永えり)、プランナーの有栖川遼(瀬戸利樹)、デザイナーの小原マリ(佐野ひなこ)、エンジニアの織野洋一郎(谷恭輔)ら部下からも厚く信頼されている。だがプライベートでは、ここ何年も恋愛をしておらず、もっぱらケント様に夢中。週に1回は必ず、仕事を忘れて『ラブ・マイ・ペガサス』に没頭する日を設けており、その日は近所の中華料理店で働くアルバイトの藤井蓮(藤原大祐)に毎回チャーハンを届けさせている。

『ラブ・マイ・ペガサス』は乙女ゲーム界で革命を起こしたと言われるほどの人気。ファンの一人である大学生・古河杏奈(白石聖)も夢中になっていた。

一見順風満帆な泉美だったが、実は『ラブ・マイ・ペガサス』に続く次回作の制作に苦心していた。開発資金集めに奔走する泉美は、経営の多角化を進めている水嶋十蔵(船越英一郎)が代表取締役社長を務める大手アウトドアメーカー『ランタン・ホールディングス』に出資を求めるも、あっさり断られてしまう。

そんなある夜、光井と飲みに出かけた泉美は、いつものように彼の言葉に励まされる。光井と別れ、酔ったままふらふらと帰路につく泉美。すると、泉美の目の前に、いきなり空から男が降ってくる。借金取りから逃れるために歩道橋から飛び降りたその男・五十嵐航(渡邊圭祐)の顔を見た泉美は、さらに驚がくする。何とその容姿は、ケント様にそっくりで……。

出典:推しの王子様 公式HP

第11話(最終回)

『ランタン・ホールディングス』の傘下に入ったものの、ランタン側からの一方的な要求に翻弄されたあげく、コンシューマーゲーム化を目指した企画の大事なプレゼンでも失態を犯してしまった泉美(比嘉愛未)。光井(ディーン・フジオカ)や航(渡邊圭祐)ら『ペガサス・インク』のスタッフたちに迷惑をかけてしまったことに苦しむ中、乙女ゲームへの情熱も失ってしまった泉美が出した結論は、ペガサスを辞める、というものだった。泉美は、交際を始めたばかりだった光井にも別れを告げると、マンションを引き払って姿を消してしまう。

それから10日後、ペガサスは、ランタンから来ていた小島(竹森千人)が新社長に就任する。それに伴い、小島はゲーム制作に関するプロジェクト・チームの刷新に動き出していた。

一方、航から、泉美の居場所について心当たりはないかと問われた光井は、泉美と別れたことを打ち明ける。泉美を支えることも、スタッフをまとめることも出来ずに不甲斐ない、と自分を責める光井。航は、光井にはそんな言葉は似合わない、というと、強い決意を持って、会社のことは出来る限り努力する、と告げる。

泉美は、実家に帰っていた。しかし、自分を突き動かしていた乙女ゲームへの情熱も、“推し”もいないいま、何をすればいいのかすらわからない。そんなある日、泉美の前に、突然、光井が現れて……。

出典:推しの王子様 公式HP

ネタバレ

三井たちはゲームに対する方針が合わずランタンを辞め、再び泉美とゲームを作る道を選びます。

杏奈は泉美の事を気にかける航と別れ、航も自分の気持ちを泉美に伝えるために泉美に会いに行きます。泉美は航に自分の気持ちを告げると、2人はキスします。

三井たちは再び泉美とゲームを作ります。

1年後、ラブマイペガサスZが配信され、三井は思い立ったように映画を作って、ペガサスインクの資金源となります。

泉美と航は毎週火曜日は大好きな乙女ゲームをやる日。今日は家で2人で仲良く乙女ゲームをやっています。

主な出演者

主な出演者(敬称略)は比嘉愛未、渡邊圭祐、ディーン・フジオカ、白石聖、徳永えり、瀬戸利樹、佐野ひなこ、谷恭輔、藤原大祐、竹森千人、船越英一郎です。

出演者の関連記事

この人もライダー出演者!

【推しの王子様】を見るならFODがおすすめ

・フジテレビの動画が豊富!しかも独占タイトルが5,000本以上!
・動画以外にも雑誌やコミックも楽しめる!
・毎月「フジテレビの日」(最大1200ポイントプレゼント)キャンペーン実施中!

フジ系ドラマを中心に楽しみたいなら、FODがおすすめです。

こちら画像をクリックしていただければ早いです!

FODプレミアム

詳しくはこちらでも紹介しています。
FODをもう少し知りたい

タイトルとURLをコピーしました